保育目標 特長特色

保育目標

すくすく伸びるおおらかな子

4つの柱 Four Pillers:桜木保育園が大切にしている、4つのこと

一人ひとりの・・・
【具体的な取り組み】
コーナー保育、少人数での乳児グループ保育、5つのお庭

室内では、子ども達一人ひとりの生活経験に即して、その興味や欲求を活かせるようコーナーを設け、生活もあそびも子ども達にわかりやすく、また自分から積極的に取り組めるよう工夫した環境を整えています。戸外には5つのお庭があり、それぞれのお庭に特徴をもたせ、思い切り身体を動かして遊びを満喫し、心身の発達を促すとともに、子ども達の興味や関心、探究心を刺激していく場所となっています。

心育む
【具体的な取り組み】 
絵画活動、食事、年長児テーマ保育

子ども達の成長発達に合わせ、それぞれに年間カリキュラムを作成しています。
四季折々の大地の恵み、小動物へのいたわりや愛情、物事を見つめる目、想像力を膨らます豊かな心、そして何よりも、絵画活動を通じて「自分自身をかけがいのない大切な存在である」という幼児期にもっとも大切な自己肯定感を育てていきます。そして「友達も大切なひとりなんだ」と認め合う喜びを感じ合う活動としています。

ゆとり・ぬくもり
【具体的な取り組み】 
ランチルーム、異年齢交流、木製家具

ランチルームを中心にクラスが広がり、ランチタイムにはみんなが集まり異年齢交流やクッキングを楽しみます。調理室に直結した窓からは「今日のご飯はなぁに?」など食事を作る人との会話を楽しみます。
園内の家具は、ぬくもりや温かさを感じられるように木製家具を揃え、家庭的な雰囲気を大切にしながら、“大きなお家”というビジョンの中で約束事(社会性、道徳心)を守る大切さを見につけていきます。

ふれあい(地域交流)
【具体的な取り組み】 
姉妹園こもれびの郷・小学校・地域との交流

保育園の中だけに止らず広い視野に立ち、子ども達が地域の中で育つことを大切にしていきたいと思います。夏祭り、敬老の日、節分、雛祭りなど、伝統的な行事を地域の方々と共に行い、同法人の“こもれびの郷”のおじいちゃん、おばあちゃんとも交流をもっています。また、小学校との連携をはかり、就学支援、就学前学校体験を行っています。